ガンプラ ジミチにやってます
  1. 鉄血
  2. 無塗装
  3. 初心者
  4. 時間
  5. お金

【キャンディ塗装】全塗装AGEガンダムレギルスその8 続エッジ出し

今回は、またエッジ出しです。

ご来訪ありがとうございます。

今回はまたもエッジ出しです。

全体像を見るために、再度レビューサイトをガン見していましたら、気になるところが次々とでてきました。中途半端にしてもよくないと思い、気になるところは全てエッジを出していきました。

 

この度のガンプラ・キャンディ塗装HGガンダムレギルスの工程予定は、次の通りです。

済みました工程については、記事のリンクをつけております。

工程(予定含む) 記事
全体の予定 記事1
1 素組み状態の考察 記事2
2 後ハメ加工・合わせ目処理 記事2記事4
3 モールドの彫り直し 記事3
4 ゲート処理等ヤスリがけ 記事3
5 頭部加工 記事5
6 仮組み しませんでした
7 エッジ出し 記事6・今回
8 パーツ洗浄
9 全塗装準備 記事3
10 キャンディ塗装 記事3
11 研ぎ出し 記事7
12 スミ入れ
13 メタルパーツ接着
14 完成

 

制作時間・お金・道具

かかった時間・お金の趣旨についてはこちら

関連記事

ご来訪ありがとうございます。 このブログでは製作したときの、「かかった時間」「かかるお金」「使った道具」を書いております。 ここではその趣旨を、お話しします。   […]

ファビコン

 

今回の記事でかかった総制作時間 5時間20分41秒

今回の記事で使った道具全てを0からそろえた場合のお金 4767円

今回の工程で実際に買ったものの総額 0円

 

使った道具

・ヤスリ400番(WAVE ヤスリスティックHARD2 細型400 10枚入り)422円

・ヤスリ600番(WAVE ヤスリスティックSOFT 600 3枚入り)445円

・ヤスリ800番(WAVE ヤスリスティックSOFT2 細型800 10枚入り)461円

・ヤスリ1000番(WAVE ヤスリスティックSOFT2 細型1000 10枚入り)461円

・ヤスリ仕上げ用(WAVE ヤスリスティック フィニッシュ 細型 10枚入り)461円

・接着剤(タミヤ タミヤセメント六角ビン)114円

・ニッパー(バンダイスピリッツ ビルドアップニッパー)1548円

・デザインナイフ(オルファ アートナイフ)331円

・プラ板(タミヤ 1.5mm B4サイズ1枚)524円

 

プラ板を足して削った箇所

まず、プラ板を接着して削ったパーツです。

とがらせたい部分を、少し削り、プラ板を接着し、完全に乾いてから成形していきます。

とがらせたい部分を、少し削るのは接着面を広くするためです。削ると言うよりは、えぐるような感じです。

接着したプラ板を成形するときは、はじめにニッパーで大まかにいらない部分を切り取り、その後、デザインナイフで削っていきます。削っていくときは、元のパーツのラインに沿うよう意識します。ある程度の形が整いましたら、600番か800番からヤスリをかけていきます。ここで成形はほぼ終了です。続いて1000番、ヤスリスティックフィニッシュとヤスリがけを進めて、ピカピカになるまで磨き、仕上げていきます。

 

・頭部アンテナ

制作時間 1時間2分47秒

レギルスキャノンの細い部分は折れました。この頭部アンテナも折れるかどうか、ひやひやしながらの作業でした。こういう細い部分にヤスリがけをするときは、必ずパーツに指を添えて、ヤスリと指でパーツを挟むようにし、パーツに負荷がかかりすぎないようにします。

HGレギルスアンテナ削る前 HGレギルスアンテナ削った後

 

・レギルスキャノンの羽のような部分

制作時間 59分41秒

途中で折れましたパーツです。折れるときは、折れます。パキッと折れるいうよりは、もろっと崩れたような感触でした。接着剤でリカバリーしました。

HGレギルス尾の羽削る前 HGレギルス尾の羽折れた HGレギルス尾の羽削った後

 

・膝

制作時間 36分55秒

タミヤパテで、縦のラインのエッジは出していたのですが、上に当たる膝先の部分がどうも丸く感じました。で、その部分だけプラ板を接着し、エッジを出し直しました。赤丸で囲まれた部分です。

HGレギルス膝削る前 HGレギルス膝削った後

 

・羽

制作時間 1時間42分12秒

羽と羽とをつなぐ部分です。すごく目立つ部分でしたのでやり直しました。

はじめは上のみですまそうかと思いましたが、なんとも格好がつきませんでしたので下部分もしました。

HGレギルス羽上にプラ板 HGレギルス羽下のプラ板 HGレギルス羽削った後

 

元のパーツを削った箇所

パーツそのものを削ってエッジを出した箇所です。プラ板の接着等はしません。

はじめに400番で大まかに削った後、600番・800番・1000番と番手をあげていきます。仕上げは、いつものヤスリスティックフィニッシュです。

・肩

制作時間 25分16秒

HGレギルス肩削った後

 

・腰部アーマー

制作時間 13分30秒

このパーツも再度のエッジです。触っていなかった箇所を削りました。

HGレギルス腰アーマー削った後

 

・足首のアーマー

制作時間 7分10秒

HGレギルス足首アーマー削った後

 

 

・上腕

制作時間 13分10秒

全体画像で見るとすごく目立って見えた部分を削りました。

HGレギルス上腕削った後

 

エッジ出しをしてみて思ったこと

エッジ出しの一つひとつは、キット全体に決して大きな変化を与えません。ですが、この小さな積み重ねによって、最終的に大きい変化を与えることができます。また、作業の一つひとつは作った感を得られます。これが達成感になります。

ガンプラの仕上がりがよくなること。達成感を得られること。この2つがエッジ出しの醍醐味ではないかと思います。やってみてすごく楽しかったです。

 

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。