ガンプラ ジミチにやってます
  1. 鉄血
  2. 無塗装
  3. 初心者
  4. 時間
  5. お金

【キャンディ塗装】鉄血HGバルバトスルプス その1改修編

ご来訪ありがとうございます。

HGIBOグリムゲルデをキャンディ塗装の白で仕上げようと制作しておりますが、キャンディ塗装で失敗してしまいました。今回は同じ配色になりますが、リベンジとしてバルバトスルプスを白のキャンディ塗装で仕上げようと思います。

今回の記事は次の2点をお話します。

カラーリング

このキットの改修について

 

完成までの工程予定

グリムゲルデとほぼ同じ内容になっています。

工程予定 予定時間 お金概算 同じ道具
1 基礎処理 パーツカット 1時間 8535
ゲート等ヤスリがけ 3時間 1828
パーティングライン消し 2時間
既存モールドの彫り直し 2時間 1100
2 改修 後ハメ加工 2時間 2816
腰部延長 1時間 0
メタルパーツ穴開け 30分 2751
3 フレーム塗装 部分塗装 3時間 600
トップコート 10分 2551
4 全塗装 準備 1時間 0
キャンディ塗装 5時間 68248
5 デカール デカール 4時間 3537
6 全塗装2 準備 30分 0
クリアー塗装 3時間 0
7 スミ入れ スミ入れ 1時間 675
8 研ぎ出し 研ぎ出し 5時間 4442
9 メタルパーツ メタルパーツ接着 1時間 1973
10 完成

 

表の見方です

「工程予定」というのは、私が制作していく工程を自分なりに分けたものです。大体この順序で進めていきます。予定ですので、変更する場合もあります。

「予定時間」というのは、過去の事例から大体この程度の時間がかかるとの予想です。

「お金」というのは、各工程で使う道具を、全て0からそろえたときにかかる総額です。今回は予定になりますので、塗料・メタルパーツ・デカール等で実際に使うものが変わると多少の差はでてきます。

「同じ道具」というのは、同じ道具を使うところは同じ番号になっています。全く同じ道具ですと、お金のところが「0」ですが、同じ道具にプラスがあるとお金も増えています。これはお金に関して、バルバトスルプスを作っていく中で、一度買った道具をかぶって算出しないためです。

どのような道具を使ったのかの詳細については、今後の記事で紹介します。

 

時間・お金・道具

時間・お金・道具の趣旨はこちら。↓

関連記事

ご来訪ありがとうございます。 このブログでは製作したときの、「かかった時間」「かかるお金」「使った道具」を書いております。 ここではその趣旨を、お話しします。   […]

ファビコン

完成までの予定時間・・・約37時間程度

全ての道具を0からそろえた場合に完成までにかかるお金概算 99056円

現在のところ新規に買ったものの総額 824円

買ったものがこちら

・ガンプラ(HGIBOガンダムバルバトスルプス) 824円

 

見出し 塗装について

小見出し キャンディ塗装とは

毎度同じ内容ですみませんが・・・

キャンディ塗装というのは、クリアー層を何層も重ね塗りすることで「キャンディ」のような見た目になる塗装法のことを言います。

鏡面仕上げというのはコンパウンドなどによって塗膜を磨き、まるで鏡のように反射するまで磨き上げるテクニックを言います。ちなみにこの磨き挙げる作業を研ぎ出しと言います。グリムゲルデと同様に、この度のガンダムバルバトスルプスを研ぎ出しまでするのかは未定です。

 

小見出し 塗装のコンセプト

この度のコンセプトは「Zガンダム3号機」です。

Zガンダム3号機と言えばアムロ専用ゼータなのですが、アムロ専用に重きをおいているわけではありません。3号機のような白と赤紫のカラーリングでバルバトスを仕上げてみたいということです。

赤・黄・青のトリコロールを捨て去って、白と赤紫で渋めの感じを出したいです。

 

小見出し 配色予定

・白に仕上げたいパーツ

スターブライトアイアン → EXシルバー → クリアーホワイト → クリアー

 

・赤紫に仕上げたいパーツ

スターブライトアイアン → EXシルバー → プライマリーメタリックレッド → クリアーブルー → クリアー

 

改修していきます。

いつもの腰部延長

ランナーについているタグを使って腰部の延長を行います。バルバトス系は毎回この改造をしています。

前回のパステルシャドウの時は5mm伸ばしましたが、今回は4mm延長に変更します。

HGルプスキャンディ腰部パーツ群

左からガンダムフレームの腰部パーツ、ランナータグ、ランナー(3mm棒)です。

ランナータグを5mm幅で切断して接着し、腰部延長用のパーツを作ります。

HGルプス腰部延長パーツ制作01

切断したランナータグを接着するときはマスキングテープの上で行っています。接着剤は多めに付けます。

4枚の接着が終わったら、マスキングテープでくるんで、押さえつけます。すると中でむにゅっと出る感じがしますのでしばらく放置します。

HGルプスキャンディ腰部延長パーツ制作02

その後マスキングテープをはがして、乾燥させます。今回のところはここまで行いました。

HGルプスキャンディ腰部延長パーツ作製03

接着剤が完全に乾いてから次の工程に移ります。

いつもの後ハメ加工

バルバトスルプスで後ハメ加工が必要な箇所は前腕部と腰部スラスターです。どちらもモナカですので合わせ目がでます。これもいつもの改修です。

前腕部と腰部スラスターです。

HGルプスキャンディ前腕とスラスター接着後

前腕部は接着の後、カットソーで切断します。

スラスター部分も接着します。接続基部のパーツを少し削って後ハメができるようにします。

 

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。