ガンプラ ジミチにやってます
  1. 鉄血
  2. 無塗装
  3. 初心者
  4. 時間
  5. お金

【キャンディ塗装】鉄血HGグリムゲルデ その1基礎処理編

ご来訪ありがとうございます。

HGガンダムレギルスを白のキャンディ塗装で仕上げたのですが、シルバーにクリアーホワイトはすごくいいと思いました。青白い輝きがたまらなかったです。この色を使ってグリムゲルデを仕上げていきたいと考えております。

今回の記事は、特に次の2点をお話します。

塗装の全体構想とコンセプト

このキットの後ハメ加工とパーティングラインについて

 

工程予定 予定時間 お金概算 同じ道具
1 基礎処理 パーツカット 1時間 8535
ゲート等ヤスリがけ 3時間 1828
パーティングライン消し 2時間
既存モールドの彫り直し 2時間 1100
2 改修 後ハメ加工 2時間 2816
メタルパーツ穴開け 30分 2751
3 フレーム塗装 部分塗装 3時間 600
トップコート 10分 2551
4 全塗装 準備 1時間 0
キャンディ塗装 5時間 62710
5 デカール デカール 4時間 3537
6 全塗装2 準備 30分 0
クリアー塗装 3時間 0
7 スミ入れ スミ入れ 1時間 675
8 研ぎ出し 研ぎ出し 5時間 4442
9 メタルパーツ メタルパーツ接着 1時間 1973
10 完成

表の見方です

「工程予定」というのは、私が制作していく工程を自分なりに分けたものです。大体この順序で進めていきます。予定ですので、変更する場合もあります。

「予定時間」というのは、過去の事例から大体この程度の時間がかかるとの予想です。

「お金」というのは、各工程で使う道具を、全て0からそろえたときにかかる総額です。今回は予定になりますので、塗料・メタルパーツ・デカール等で実際に使うものが変わると多少の差はでてきます。

「同じ道具」というのは、同じ道具を使うところは同じ番号になっています。全く同じ道具ですと、お金のところが「0」ですが、同じ道具にプラスがあるとお金も増えています。これはお金に関して、グリムゲルデを作っていく中で、一度買った道具をかぶって算出しないためです。

どのような道具を使ったのかの詳細については、今後の記事で紹介します。

時間・お金・道具

時間・お金・道具の趣旨についてはこちらをお読み下さい。

関連記事

ご来訪ありがとうございます。 このブログでは製作したときの、「かかった時間」「かかるお金」「使った道具」を書いております。 ここではその趣旨を、お話しします。   […]

ファビコン

完成までの予定時間・・・約37時間程度

全ての道具を0からそろえた場合に完成までにかかるお金概算 93518円

現在のところ新規に買ったものの総額 1246円

買ったものがこちら

・ガンプラ(HGIBOグリムゲルデ) 1056円

・筆(タミヤ モデリングブラシHF 平筆NO.02)190円

筆は痛んできたので買いました。

 

塗装について

キャンディ塗装とは

毎度同じ内容ですみませんが・・・

キャンディ塗装というのは、クリアー層を何層も重ね塗りすることで「キャンディ」のような見た目になる塗装法のことを言います。

鏡面仕上げというのはコンパウンドなどによって塗膜を磨き、まるで鏡のように反射するまで磨き上げるテクニックを言います。ちなみにこの磨き挙げる作業を研ぎ出しと言います。この度のグリムゲルデを、研ぎ出しまでするのかは未定です。

 

これまでのキャンディ塗装仕上げのギャラリーなどはこちらです。↓

関連記事

ご来訪ありがとうございます。 ガンプラ・機動戦士ガンダムAGE・HGガンダムレギルスをキャンディ塗装・鏡面仕上げで制作しました。 今回は、これまでのまとめの記事と完成ギャラリーになります。 見出し 各工程の過去記事です。 こ[…]

HGレギルス11完成アイキャッチ
関連記事

ご来訪ありがとうございます。 ガンプラ・機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ・HGIBO流星号(グレイズ改弐)をキャンディ塗装・鏡面仕上げで制作しました。 今回は、これまでのまとめの記事と完成ギャラリーになります。 &nbs[…]

HG流星号4完成編アイキャッチ

塗装のコンセプト

この度のコンセプトは「ヒロイックに仕上げたい」です。

このグリムゲルデですが、原作では鉄華団ピンチの時にでてきて、凄まじい無双っぷりでとんでもなく活躍しました。マッキーの全盛期とも言えます。

ですので、主人公機っぽい塗装に仕上げたいと思いました。さらには、後々のガンダムバエルに踏襲されるようなイメージが欲しいと思いました。これらを総合した結果、バエルっぽい配色でキャンディ塗装をすることにしました。

バエルっぽい配色ですので、ホワイトを基調にして、所々ブルーを入れるような塗装になります。

配色予定

ホワイトに仕上げたいパーツ

アルティメットブラック → EXシルバー → クリアーホワイト → クリアー

 

ブルーに仕上げたいパーツ

アルティメットブラック → EXシルバー → クリアーブルー → クリアー

 

改修していきます。

大きな改修・改造はなし

この度は大きな改修・改造はしません。そのままでいきます。

後ハメ加工

後ハメ加工が必要な箇所がありましたので、そのあたりの基礎処理はしていきます。

後ハメが必要なのが前腕部です。

接着剤後

HGグリムゲルデ前腕接着後

 

ヤスリ後

HGグリムゲルデ前腕ヤスリ後

 

後ハメする関節部分を切断しました。

HGグリムゲルデ肘関節

ヤスリがけ

何度か同じことをお伝えしておりますが、私はあまり低い番手でヤスリがけをしません。800か1000からスタートしております。最近は1000番の方がい多い気がします。

ヤスリがけを終える基準として使っているのは、ヤスリがけ後の粉のたまり具合です。

ヤスリがけ見本

画像のように白く粉がたまっている部分は隆起があることを意味します。これが指で触れて分かるぐらいならデザインナイフで削ります。デザインナイフで削る際のガイドとしても、粉で白くなっていることを利用します。

パーティングライン

このキットはパーティングラインが多いと感じました。しかも、外側に来る部分にモロにあります。これを全て削っていきましたが、まぁまぁ大変でした。

グリムゲルデパーティングライン見本01 グリムゲルデパーティングライン見本02 グリムゲルデパーテイングライン見本03

 

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。