ガンプラ ジミチにやってます
  1. 鉄血
  2. 無塗装
  3. 初心者
  4. 時間
  5. お金

【損益マイナス】ゼロからの投資信託・結果報告10月2日

マイナスが膨らんできました。

ご来訪ありがとうございます。

今週は、先週から引き続き株価の続落が続いています。投資初心者としてはなかなか厳しい状況ではありますが、これも経験と考え楽しんでいきます。

 

それでは、2021年10月2日現在の結果をお話します。基準日は2021年10月1日になっております。

画像は総額の部分を削った実際の口座情報です。

 

・フィデリティ・日本成長株

フィデリティ・日本成長株20211002

 

・インベスコ世界厳選株式オープン為替ヘッジなし

インベスコ20211002

 

・ダブル・ブレイン(ブル)

ダブルブレイン20211002

 

・デジタルトランスフォーメーション株式ファンド〈ゼロ・コンタクト〉

デジタルトランスフォーメーション20211002

 

・香港ハンセン指数ファンド

ハンセン20211002

 

・三井住友・225オープン

三井住友22520211002

 

・ブラックロック・ゴールド・ファンド

ブラックロックゴールド20211002

 

・エス・ビー・日本株オープン225

エスビー20211002

 

・三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド

つみたて20211002

 

総評価損益 マイナス 64523円

 

先週に引き続き、評価損益がマイナスなっています。

まぁ、しかたないですね。

 

日本株は、ニューヨーク市場の下部組織と言われているそうです。

なので、東京市場は前日のニューヨーク市場の影響を強く受けるとか。ちなみに日本で夜間にあたる時間が、アメリカではお昼になります。この日本で夜中にあたる時間帯のニューヨークでの動向が、次の東京市場に影響するという話です。

今週を見てみますと、ダウは10月28日に大きく値を下げました。翌日、つまり10月29日、この日の日経平均は大きく値を下げています。これはニューヨーク市場の影響と言われています。

また、9月30日もダウは大きく値を下げています。翌日10月1日の日経平均も同じように大きく値を下げました。

日本国内の状況を見てみますと、新政権への期待や、コロナ感染者数の減少等の好材料があったにも関わらず、株価は大きく値を下げたのです。結局、日本国内の状況など、海外の投資家から見れば些細なことなのかもしれません。

 

アメリカの債務不履行問題

アメリカの株価が下がっているのは、これが影響していると言われています。

参考:東京新聞『政府機関の閉鎖は回避も、債務不履行の懸念残る アメリカ政府のつなぎ予算成立』 閲覧日2021年10月2日

https://www.tokyo-np.co.jp/article/134215

つなぎ予算を可決しましたが、政府の借り入れ上限を引き上げたわけではありません。

まだまだ、不安は続きますが、ファンドは手放しません。

 

S&P500がマイナス5%いったら

さて、今週の下がりっぷりはチャンスと捉えていました。私はマイナス5%買いを信じております。

ところが、金曜日の夜、ダウが反発しました。S&P500の方ももちろん値を上げ、先週の終値から今週の終値はマイナス2.2%に留まっています。これでは買いに入れません。

マイナス5%につきましては、また今度説明します。

 

それにしても、積み立てNISAが普通にマイナスなのはどうなのでしょうか。

これって皆さん、どう思ってらっしゃるのでしょうか。んー。

 

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。