ガンプラ ジミチにやってます
  1. 鉄血
  2. 無塗装
  3. 初心者
  4. 時間
  5. お金

【初心者でもやる】マイナス5%ルールと投資信託・結果報告10月10日

だだ下がりですね

ご来訪ありがとうございます。

先週は色々ありました。

アメリカ国債のデフォルト問題・ガソリン相場の高騰・岸田ショックとネガティブ要因ばかりでした。

特に岸田ショックは大きかったです。このタイミングで金融所得課税について言いますか。

アメリカ国債のデフォルト問題がとりあえず回避される見通しとなり、週後半は回復していましたが、今後どうなることやら。

 

「金融所得課税」とは

2021年10月4日に記者会見で岸田首相が「金融所得課税」について言及しました。

金融所得課税とは、「預金、株式、投資信託などの金融商品で得た所得(配当金、利子、株式譲渡益など)に対して税金を課すことをいいます。」

出典:『マイナビニュース』「岸田首相が見直しを検討している「金融所得課税」ってなに?」

閲覧日2021年10月10日

https://news.mynavi.jp/article/20211008-2023478/

この金融所得課税について見直すということを言った訳です。その結果が日経平均の暴落です。まぁ岸田さんが総裁選で勝ったあたりから日経平均は下げてきているのですが、その下げ幅がえげつない。2500円ほど下がっていますので、もうとんでもない下落です。

初心者は、こういう事態に即対応がなかなか難しい。投資は「買うはゆっくり・売るは急いで」というらしいですが、正に典型例です。

 

現在失敗していると思うこと

先週は特に色々と時事ネタがあり、ファンダメンタルな要因で日経平均・ダウ共に結構な下落がありました。よって、私の保有するファンドもどんどん下がっているという状況にあります。この失敗がどこにあるのかは、今更ながら至極単純です。

「何も考えずに買っていた。」

これにつきるのではないでしょうか。私がファンドを買っていった時期が高値の頂点にあったというとんでもない時期でした。これは明らかに他の投資家から見て、利益確定のタイミングであり、買い入るタイミングではありません。

買うタイミング、売るタイミング双方をきちんと考えておかねばなりません。よって、何も知らずにただ買うのは失敗に陥ります。

 

マイナス5%ルールを援用してみた。

今回、また買い増ししました。買い増ししたファンドは、「エス・ビー・日本株オープン225」です。このファンドは日経のインデックスファンドになります。日経平均が週ベースでマイナス5%を超えて下落しましたので、日経平均のインデックスファンドを買ったわけです。

これは本来のマイナス5%とは違います。私の援用になりますので、あらかじめご了承下さい。

 

見出し では本来のマイナス5%ルールとは?

参考:youtube チャンネル:投資塾

「【-5%ルール】個人投資家へ絶対に伝えたい投資術<前編>」

 

また次は、ググって見て最も上にあったサイトです。閲覧日2021年10月10日

参考:『ソタブロ』「マイナス5%ルールで株価暴落時に株式を購入する方法」

https://yuzakasota.com/20200716-how-to-buy-stocks-when-stock-price-crashes-with-minus-5percent-rule/

このサイトは「ネタ元」という件がありますので、元祖ではないっぽいです。元祖は上に挙げております、youtubeの「投資塾」です。

 

マイナス5%ルールを要約しますと。

・マイナス5%であるかどうかはS&P500の金曜日の終値を比べて判断する。

・個別株はしない、投資信託かETFのみ。

・条件を満たした時に、毎月の積み立て金の1年分一括投資する。

ということです。

 

何が援用?

援用というのは、

・マイナス5%であるかどうかはS&P500の金曜日の終値を比べて判断する。

という点が違うからです。

私は今回、日経平均でマイナス5%を判断しました。しかも、火曜日同士を比べました、先週9月28日(火)の終値30184と今週10月5日(火)14時50分ころの価格です。14時50分ころというのはもう終値がほぼほぼ決定しているとの見込みです。因みに10月5日(火)の終値は27822で、このときの火曜から火曜までの一週間の下げ幅が約7.8%になります。そして、この火曜日が約定日になるようにファンドの買い増しをしました。

日経平均でマイナス5%を判断したので、日経平均のインデックスファンドを買い増ししたのです。

 

ファンドの結果です。

それでは、2021年10月10日現在の結果をお話します。基準日は2021年10月8日になっております。

画像は総額の部分を削った実際の口座情報です。

 

・フィデリティ・日本成長株

フィデリティ・日本成長株20211010

 

・インベスコ世界厳選株式オープン為替ヘッジなし

インベスコ20211010

 

・ダブル・ブレイン(ブル)

ダブルブレイン20211010

 

・デジタルトランスフォーメーション株式ファンド〈ゼロ・コンタクト〉

デジタルトランスフォーメーション20211010

 

・香港ハンセン指数ファンド

香港ハンセン20211010

 

・三井住友・225オープン

三井住友22520211010

 

・ブラックロック・ゴールド・ファンド

ブラックロックゴールド20211010

 

・エス・ビー・日本株オープン225

エスビー日本株20211010

 

・三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド

積み立てNISA20211010

 

総評価損益 マイナス 73105円

 

先週に引き続き、評価損益がマイナスなっています。

ですが、売りませんよ。

 

先週についてはこちら。

関連記事

マイナスが膨らんできました。 ご来訪ありがとうございます。 今週は、先週から引き続き株価の続落が続いています。投資初心者としてはなかなか厳しい状況ではありますが、これも経験と考え楽しんでいきます。   それでは[…]

 

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。