ガンプラ ジミチにやってます
  1. 鉄血
  2. 無塗装
  3. 初心者
  4. 時間
  5. お金

【お手軽ミキシング】鉄血HGヴィダール その1構想編

ご来訪ありがとうございます。

私はガンダムヴィダール大好きです。ハンターエッジやバーストサーベル等ギミック満載のモビルスーツです。あの漆黒のカラーリングもスゲーカッコいいと思います。

ガエリオさんも大好きです。鉄血って結局この人の物語ではなかったのかと思えるほど、ヒロイックなお方です。なんといいますかギャラルホルンと鉄華団では、語弊があるかもしれませんが鉄華団が愚連隊に近い集団になります。ギャラルホルンという体制側ど真ん中の人が、ガエリオ・ボードウィンなのではないかと考えております。

そんなガエリオさんのモビルスーツをミキシングで作っていこうと思います。

余談ですが、このヴィダールの制作を始めたのは1年ほど前になります。このように作り始めたものの、途中で半ば放置ぎみになっているキットは何体かあります。何体か平行して作ると1体の完成が遠のきますが、それぞれに楽しみがあっていいものです。

さて、今回の記事では…

ミキシングのコンセプト

ミキシングの方法

現在機体がどのような状態にあるか

についてお伝えしたいと思います。

完成までの工程予定

外装はキャンディ塗装、ガンダムフレームは部分塗装とトップコートの簡単仕上げの予定です。

工程予定 予定時間 お金概算 同じ道具
1 基礎処理 パーツカット 1時間 2455
ヤスリがけ 6時間 1828
既存モールドの彫り直し 2時間 1100
2 仮組み 仮組み 2時間 0
3 改造 ミキシング 2時間 0
バックパック改造 1時間 5567
後ハメ加工・合わせ目処理 6時間
メタルパーツ穴あけ 1時間
4 フレーム塗装 部分塗装 3時間 600
トップコート 10分 2551
5 全塗装1 準備 1時間 0
キャンディ塗装 5時間 67977
6 デカール デカール 4時間 3537
7 全塗装2 準備 30分 0
クリアー塗装 3時間 0
8 スミ入れ スミ入れ 1時間 675
9 研ぎ出し 研ぎ出し 5時間 4442
10 メタルパーツ メタルパーツ接着 1時間 1973
11 完成

表の見方です

「工程予定」というのは、私が制作していく工程を自分なりに分けたものです。大体この順序で進めていきます。予定ですので、変更する場合もあります。

「予定時間」というのは、過去の事例から大体この程度の時間がかかるとの予想です。

「お金」というのは、各工程で使う道具を、全て0からそろえたときにかかる総額です。今回は予定になりますので、塗料・メタルパーツ・デカール等で実際に使うものが変わると多少の差はでてきます。

「同じ道具」というのは、同じ道具を使うところは同じ番号になっています。全く同じ道具ですと、お金のところが「0」ですが、同じ道具にプラスがあるとお金も増えています。これはガンプラを制作していく中で、一度買った道具をかぶって算出しないためです。

どのような道具を使ったのかの詳細については、今後の記事で紹介します。

時間・お金・道具

時間・お金・道具の趣旨についてはこちら

関連記事

ご来訪ありがとうございます。 このブログでは製作したときの、「かかった時間」「かかるお金」「使った道具」を書いております。 ここではその趣旨を、お話しします。   […]

ファビコン

完成までの予定時間・・・約47時間程度

全ての道具を0からそろえた場合に完成までにかかるお金概算 87138円

現在のところ新規に買ったものの総額 2460円

買ったものがこちら

・ガンプラ(HGIBOガンダムヴィダール) 1180円

・ガンプラ(HGIBOガンダムキマリスヴィダール)1280円

 

ミキシングについて

ミキシングとは

毎度同じ内容ですみませんが・・・。

ミキシングとは「混ぜ合わせること」を意味します。ガンプラにおけるミキシングも、そのままの意味を踏襲し、「混ぜ合わせてつくる」ことを言います。言葉としては「ミキシングする」とか「ミキシングビルドを行う」というように用います。

このことから、2体以上のキットを混ぜ合わせて1体にすることをミキシングといいます。

この度のミキシングのコンセプト

この度のコンセプトは「ガンダムヴィダールみたいなガンダムキマリスヴィダール」です。

分かりにくい表現から始めってすみません。私の抱くガンダムヴィダールの全体的なイメージは、痩身・漆黒・ギミック満載・武装満載です。一方でガンダムキマリスヴィダールの全体的なイメージは、ゴツイ機体・グレーとパープル・ゴツイ武器・ダインスレイブです。これら双方を合わせていきました。合わせることで、痩身だけどゴツイ部分もある・漆黒・ゴツイ武器とダインスレイブという機体に仕上げようと考えたのです。

バーストサーベルをオミットしましたので、この武器につきましてはどこか別の機体で使いたいと密かに考えております。

 

実際にミキシングしました。

ミキシングの方法

鉄血のオルフェンズシリーズはガンダムフレームがほぼ共通(実際には完全にではないです。ほぼです。)なので各部の取り換えは簡単にできます。例えば腕部をそのまま取り換えるとか、脚部をそのまま取り換えるというのは、はずしてつけるだけでできます。腕部も脚部もポリキャップで胴体と接続してあるので無改造でいけます。この度のミキシングもこのような感じでお手軽に行っています。

ベースはガンダムヴィダールにし、所々ガンダムキマリスヴィダールが入るようにしました。

ですが、キマリスヴィダールの背面シールドをヴィダールに移植したかったので、バックパックは多少いじりました。

現在機体がどのような状態にあるか

現在の状態がこんな感じです。

正面から

HGヴィダールミキシング全体構想01

背面から

HGヴィダールミキシング全体構想02

 

次回ミキシングについてより詳しくお伝えします。

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。