ガンプラ ジミチにやってます
  1. 鉄血
  2. 無塗装
  3. 初心者
  4. 時間
  5. お金

【お手軽ミキシング】鉄血HGヴィダールその3 後ハメ加工・合わせ目処理編

ご来訪ありがとうございます。

ガンプラ・鉄血のオルフェンズ・HGIBOガンダムヴィダールをミキシングで制作しております。ミキシングといっても、パーツの入れ替えをするぐらいでほぼ無改造です。無改造といっても合わせ目の処理はしていきたいと思います。合わせ目処理をするにあたり後ハメ加工も必要となってきます。

ですので、今回の記事では、

合わせ目処理についてどの部分をどうしたのか

後ハメ加工についてどの部分をどうしたのか

についてお伝えします。

完成までの工程予定

前回までの記事でミキシングの構想までお伝えしております。過去記事のついては、下のリンクからご覧ください。

工程予定 記事
1 基礎処理 パーツカット なし
ヤスリがけ なし
既存モールドの彫り直し なし
2 仮組み 仮組み なし
3 改造 ミキシング その1その2
バックパック改造 その2
後ハメ加工・合わせ目処理 今回
メタルパーツ穴あけ
4 フレーム塗装 部分塗装
トップコート
5 全塗装1 準備
キャンディ塗装
6 デカール デカール
7 全塗装2 準備
クリアー塗装
8 スミ入れ スミ入れ
9 研ぎ出し 研ぎ出し
10 メタルパーツ メタルパーツ接着
11 完成

 

今回かかった時間・お金・道具

かかった時間・お金の趣旨についてはこちら

関連記事

ご来訪ありがとうございます。 このブログでは製作したときの、「かかった時間」「かかるお金」「使った道具」を書いております。 ここではその趣旨を、お話しします。   […]

ファビコン

今回の工程でかかった総制作時間 6時間くらい

※この工程をした時は時間計測を行っていませんでしたので、正確ではありません。大体です。

今回の工程で0からそろえた場合の総額 4229円

今回の工程で実際に買ったものの総額 0円

 

使った道具(道具はこれまでと同じモノです。)

後ハメ加工・合わせ目処理に使ったもの 小計4229円

・接着剤(タミヤ タミヤセメント六角ビン)114円

・カットソー(シモムラアレック 職人堅気 ハイパーカットソー0.1)2702円

・ヤスリ600番(WAVE ヤスリスティックSOFT 600 3枚入り)445円

・ヤスリ800番(WAVE ヤスリスティックSOFT2 細型800 10枚入り)461円

・ヤスリ1000番(WAVE ヤスリスティックSOFT2 細型1000 10枚入り)461円

・ヤスリ仕上げ用(WAVE ヤスリスティック フィニッシュ 細型 10枚入り)461円

 

HGIBOガンダムヴィダールの短所

これまで様々な鉄血系のガンプラを作ってきました。といいますかこのブログでは今のところ鉄血かAGEしか作っておりません。その経験からですが、このガンダムヴィダールが鉄血系のキットの中で大きく遅れをとっていると思わせるところがあります。それは、合わせ目の多さです。グレイズ系にしろ、バルバトス系にしろここまで合わせ目はでません。

 

合わせ目処理と後ハメ加工をしていきます。

ショルダーアーマー

ショルダーアーマーは前後モナカ割ですので。横一線に合わせ目がでます。前後のパーツにはさまれて側面の装甲がありますので、このパーツのために後ハメ加工をしました。

前後パーツのダボ穴をC型に削り落とす加工をします。その後に接着して、ヤスリをかければ完成です。

HGヴィダール肩後ハメ加工

画像は左側が裏から見たもので、右側が表からみたものです。裏側上のダボ穴を削っています。

 

前腕

前腕もモナカ割ですので合わせ目がでます。前腕のパーツ構成は、はさむ青いパーツが2つとはさまれる黒いパーツが1つ、それとガンダムフレームになります。

はさむ青いパーツについては無加工でそのまま接着します。

はさまれる方の黒いパーツとガンダムフレームに加工を施します。

HGヴィダール腕後ハメ01

画像は左からはさむ青いパーツを接着したパーツ、ガンダムフレームの腕部、はさまれる黒いパーツの順に両腕分並べています。左側の腕は加工前で、右側の腕が加工後になります。ガンダムフレームのダボと、はさまれる黒いパーツの出っ張りを全て切断しました。こうすることで後ハメが可能になります。

ガンダムフレームを比べた画像こちらです。左が加工前、右が加工後です。

HGヴィダール腕後ハメ02

 

はさまれる黒いパーツを比べた画像がこちらです。左が加工前、右が加工後です。

HGヴィダール腕後ハメ03

 

下腿

下腿部はガンダムフレームを中心に左右から挟み込む構造で、これもモナカ割です。ガンダムフレームにはめ込むための後ハメ加工が必要になります。

まず、下腿部の2パーツを接着します。そのあとで後ろ(すねではなく、太ももの方)のバーニアパーツをつける部分をカットソーで切断して完了です。

 

次の画像は、左側が切断前で、右側が切断後です。

HGヴィダール下腿後ハメ01 HGヴィダール下腿後ハメ02

 

切断前と切断後を並べるとこのような感じです。

HGヴィダール下腿後ハメ03

 

つま先

つま先は左右からの挟み込みで、間にポリキャップとハンターエッジをはさむ構造です。

これまでと同様に挟み込む2パーツを接着します。そのあとで足の表部分の横から切断します。詳しくは画像をご覧下さい。

次の画像は、左が切断前で右が切断後です。

HGヴィダールつま先後ハメ01

 

ガンダムフレームとハンターエッジを付けるとこのようになります。

HGヴィダールつま先後ハメ02

 

これで後ハメ加工と合わせ目処理は終了です。実はバックパックも左右分割モナカ割パーツなので合わせ目が出るのですが、加工をあきらめました。

 

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。