ガンプラ ジミチにやってます
  1. 鉄血
  2. 無塗装
  3. 初心者
  4. 時間
  5. お金

【パール塗装】BB戦士ガンダムレギルス1合わせ目処理・後ハメ加工

パール塗装で仕上げます

ご来訪ありがとうございます。

この度は、ガンプラBB戦士ガンダムレギルスをパール塗装仕上げで作っていきます。

ぶっちゃけ、ガンダムAGEはほとんど見ておりませんので、このガンダムレギルスについても何の思い入れもありません。ただAGEのオープニングやエンディングは、好きな曲が多いです。「My World」とか「AURORA」とかいいですよねー。

なのですが、このレギルスは店頭でパッケージを見て、曲線的なラインが美しいと思い購入してしまいました。この曲線を生かすべく、キラキラした塗装はないかと考えましたところ、かねてからパール塗装をしてみたかったということもあり、パール塗装に決定した次第です。

丁度再販があったので、HGのガンダムレギルスも買ってしまいました。この制作については、すでに記事にしております。

 

HGガンダムレギルスの最新記事はこちら。

関連記事

今回は、またエッジ出しです。 ご来訪ありがとうございます。 今回はまたもエッジ出しです。 全体像を見るために、再度レビューサイトをガン見していましたら、気になるところが次々とでてきました。中途半端にしてもよくないと思い、気[…]

HGレギルス8足エッジ出しアイキャッチ

 

それでは、完成したモノがこちらです。

SDレギルス完成正面

SDレギルス完成斜め

 

パール塗装は初めてでしたので、楽しく塗装することができました。ただあまり思っていたほどのキラキラがでなかったのが残念です。やはり、光沢クリアを吹かないとダメですかね?

また、他の塗料と違い、スミ入れの時に少しクセがあると感じました。パール塗装面にクリアーを吹かず、スミ入れを施しましたのでこうなったのではないかと考えております。このことはスミ入れの回に触れます。

 

工程をざっくり

1.全パーツをランナーからカット

2.ゲート等ヤスリがけ

3.モールドの彫り直し

4.合わせ目処理・後ハメ加工 … このキットはモナカが多いです。今回説明します。

5.エアブラシ準備

6.エアブラシ塗装 … パール塗装とキャンディ塗装で。

7.部分塗装 … 水性ホビーカラーを使いました。

8.組み立て・スミ入れ … スミ入れいつもと勝手が違いました。

9.トップコート … 光沢でいきました。

10.完成

 

かかった時間・お金

かかった時間・お金の趣旨についてはこちら。

「リンク」

関連記事

ご来訪ありがとうございます。 このブログでは製作したときの、「かかった時間」「かかるお金」「使った道具」を書いております。 ここではその趣旨を、お話しします。   […]

ファビコン

 

完成までにかかった総制作時間 16時間41分54秒

全ての道具を0からそろえた場合に完成までにかかるお金 46268円

 

今回実際に買ったものの総額 880円

買ったものがこちら

・SDガンダムレギルス キット 880円

 

工程 時間 お金(円)
1 全パーツをランナーからカット 10分くらい 3004
2 ゲート等ヤスリがけ 1時間27分9秒 2159
3 モールドの彫り直し 1時間37分55秒 902
4 合わせ目処理・後ハメ加工 3時間20分17秒 2816
5 エアブラシ準備 2時間22分6秒 2416
6 エアブラシ塗装 3時間41分7秒 31531
7 部分塗装 2時間37分24秒 1438
8 組み立て・スミ入れ 1時間10分52秒 675
9 トップコート 14分54秒 1327
10 完成

 

全パーツをランナーからカットします。

こういうパーツ数が少ないキットは、最初にパーツを全部ランナーからカットしています。パーツ数が少ないですから、初見でも何とかなります。パーツ数が多いものや初見のキットは、私の腕ですと分からなくなってしまいそうなので、はじめにカットはしていません。

ですが、はじめにランナーからパーツを切ってしまった方が圧倒的に効率はいいです。この理由として、道具の持ち替えがないことや、やることが決められていること、途中の判断思考がほぼないことが挙げられます。

おそらくですが、左腕部とか右脚部とかのくくりで、タッパーみたいな小分けにできる容器にパーツをに分けると、パーツ数の多いキットでも最初にパーツをランナーから切ってしまえるのではないかと。ですが、まだしたことはありません。

 

ゲートのヤスリがけ・モールドの彫り直し

いつもの工程です。

最も時間のかかる工程だと思います。ですが、この工程が極めて重要です。

私はヤスリがけがどちらかというと好きな方です。ヤスリスティックが使いやすいというのもありますが、あのピカピカになる感じがたまりません。

ヤスリがけと平行してモールドの彫り直しも行っていきます。

 

合わせ目処理と後ハメ加工

このキットの合わせ目は、脚部、レギルスライフル、レギルスキャノンにあります。全てモナカですので、ぐるりと一周合わせ目が出ます。各部の分け方は、脚部は左右のモナカ、レギルスライフルも左右のモナカ、レギルスキャノンは基部とキャノン部に同じく左右のモナカになっています。

脚部 左右モナカ

SDレギルス脚部前から SDレギルス脚部後ろから

 

レギルスライフル 左右モナカ

SDレギルスライフル上から SDレギルスライフル下から SDレギルスライフル横から

 

レギルスキャノンは基部とキャノン部を接着する前にポリキャップをはめますので、間をつなぐパーツに後ハメ加工を施す必要があります。後ハメできるように本来ポリキャップをはめる部分の一部を切ってC字のようにします。

画像左から基部・つなぐパーツ・キャノン部です。

SDレギルスキャノン全パーツ

 

基部を下から・キャノン部を上からです。左右モナカ。

SDレギルスキャノン基部 SDレギルスキャノン上から

合わせ目があまり上手く消えていません。

次回は塗装について説明します。

 

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。