ガンプラ ジミチにやってます
  1. 鉄血
  2. 無塗装
  3. 初心者
  4. 時間
  5. お金

【パール塗装】全塗装BB戦士ガンダムレギルス2塗装編

今回は塗装についてです。

ご来訪ありがとうございます。この度はガンプラ・機動戦士ガンダムAGE・SDガンダムBB戦士ガンダムレギルスをパール塗装で作っております。

作るに当たって、全行程を10に分けております。今回はその5・6のお話です。前回までの記事で工程4合わせ目処理・後ハメ加工まで済んでおります。過去の工程のくわしいことは、下のリンクからご覧ください。

工程 記事
1 全パーツをランナーからカット その1
2 ゲート等ヤスリがけ その1
3 モールドの彫り直し その1
4 合わせ目処理・後ハメ加工 その1
5 エアブラシ準備 今回
6 エアブラシ塗装 今回
7 部分塗装
8 組み立て・スミ入れ
9 トップコート
10 完成

 

かかった時間・お金

かかった時間・かかるお金の趣旨についてはこちら

関連記事

ご来訪ありがとうございます。 このブログでは製作したときの、「かかった時間」「かかるお金」「使った道具」を書いております。 ここではその趣旨を、お話しします。   […]

ファビコン

今回の記事でかかった総時間 6時間13分13秒

今回の記事で0から道具をそろえた場合にかかるお金 32975円

今回の工程にエアブラシでの塗装が入っていますので、お金の額が極端に上がっています。

 

エアブラシ塗装の準備をします。

この工程でかかった時間 2時間22分6秒

0からそろえた場合のお金 1444円

実際に使ったお金 0円

使った道具類

・竹籤(100均)110円

・両面テープ(100均)110円

・持ち手用の台(コーチョー ワンニャンつめみがきコア 3個)1224円

・はさみ ?円(昔から家にあったもので価格が不明です。)

・保管用段ボール 無料(宅配のものを使っています。)

 

エアブラシで塗装を行うときは、竹籖に両面テープをつけて、そこにパーツをくっつけています。

最近思うのですが、この方法はデメリットが多い気がします。既成の持ち手の方を使うときにすごく便利に感じます。

両面テープ+竹籤のメリットとデメリット

・メリット

安価。

数を増やしやすい。

 

・デメリット

両面テープは粘着力がありますので、塗装後放置期間が長いとガッチリくっつく。

準備に時間がかかる。

ゴミが頻繁にでる。

 

デメリットの方が多いですね・・・。

 

見出し エアブラシで塗装します。

この工程でかかった時間 3時間41分7秒

0からそろえた場合のお金 31531円

エアブラシの登場でいつもここのお金が跳ね上がります。ですが、全て過去に購入したものになります。

実際に使ったお金 0円

使った道具類

エアブラシで塗装するときに使うもの 小計24640円

・防毒マスク吸収缶(3M 吸収缶 有機ガス用防じん機能あり 3311J-100-S1)456円

・防毒マスク本体(3M 防毒マスク 面体 HF-51 S/Mサイズ)3100円

・エアブラシ(ゴシェール ダブルアクションエアブラシ ミニコンプレッサーセット)7999円

・塗装ブース(Ausuc スプレーブース 塗装ブース)10280円

・ティッシュ類(クレシア キムワイプ S-200mini )2箱 610円

・調色器具(クレオス GT28 Mr.ミックスⅡ調色計量セット)675円

・塗料希釈用紙コップ(100均) 110円

・クレオス Mr.クリーナーボトル 1410円(ハンドピース台として)

 

塗料 小計6891円

・ガイアノーツ T-01h 薄め液 特大1000mL 1220円

・ガイアノーツ T-04h ツールウォッシュ 特大1000mL 1380円

・ガイアノーツ T-09m メタリックマスター 大500mL 1000円

・ガイアノーツ GS-02 サーフェイサーエヴォホワイト 524円

・ガイアノーツ GS-03 サーフェイサーエヴォブラック 600円

・ガイアノーツ GS-10 サーフェイサーエヴォガンメタ 623円

・ガイアノーツ Ex-07 Exシルバー 616円

・ガイアノーツ 041 クリアーレッド 160円

・ガイアノーツ 044 クリアーブルー 160円

・ガイアノーツ 132 パールゴールド 304円

・ガイアノーツ 131 パールシルバー 304円

 

今回の塗装です。

今回の塗装は、パール塗装とキャンディ塗装なのですが、光沢ブラックは使っていません。手抜きしました。

 

各パーツの塗装についてです。

・成形色が黒のパーツ

ガンメタサフ

一部のパーツはマスキングして塗り分けています。

SDレギルスライフル塗装後 SDレギルスハンド塗装後

 

・成形色が白のパーツ(パール塗装)

白サフ → パールシルバー

 

・成形色が青のパーツ(キャンディ塗装)

黒サフ → EXシルバー → クリアーブルー

同じ時に行ったHGレギルスのパーツと比較です。左はSD、右がHG。

SDレギルス胸部HGと比較

SDレギルスは下地がEXシルバー、HGレギルスは下地がゴールドです。

 

・成形色が赤のパーツ(キャンディ塗装)

黒サフ → EXシルバー → クリアーレッド

同じ時に行ったHGレギルスのパーツと比較です。左はSD、右がHG。

SDレギルスシールドHGと比較

SDは下地がEXシルバー、HGは下地がメタリックレッドです。

 

・成形色が黄のパーツ(パール塗装)

黒サフ → パールゴールド

 

これで、エアブラシでの塗装は終了です。色の足りない部分は部分塗装をします。

ラッカー系は臭いが気になりますので、かなりの期間乾燥(放置)させてから次の工程に移ります。

 

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。