ガンプラ ジミチにやってます
  1. 鉄血
  2. 無塗装
  3. 初心者
  4. 時間
  5. お金

【パール塗装】全塗装BB戦士ガンダムレギルス3 部分塗装編

今回は筆塗りでの部分塗装についてです。

ご来訪ありがとうございます。

ガンプラ・機動戦士ガンダムAGE・SDガンダムBB戦士ガンダムレギルスをパール塗装で作っております。今回はその3部分塗装編です。

今回の記事では次の2点を説明しています。

どこに塗ったのか

どの色を塗ったのか

 

作るに当たって、全行程を10に分けております。今回は工程7から9のお話です。前回までの記事で工程6エアブラシ塗装まで済んでおります。過去の工程のくわしいことは、下のリンクからご覧ください。

 

工程 記事
1 全パーツをランナーからカット その1
2 ゲート等ヤスリがけ その1
3 モールドの彫り直し その1
4 合わせ目処理・後ハメ加工 その1
5 エアブラシ準備 その2
6 エアブラシ塗装 その2
7 部分塗装 今回
8 組み立て・スミ入れ 今回
9 トップコート 今回
10 完成

 

かかった時間・お金

かかった時間・かかるお金の趣旨についてはこちら

関連記事

ご来訪ありがとうございます。 このブログでは製作したときの、「かかった時間」「かかるお金」「使った道具」を書いております。 ここではその趣旨を、お話しします。   […]

ファビコン

今回の記事でかかった総時間 2時間52分18秒

今回の記事で0から道具をそろえた場合にかかるお金 2765円

 

部分塗装していきます。

この工程でかかった時間 2時間37分24秒

この工程で0からそろえた場合のお金 1438円

使った道具

・筆(タミヤ モデリングブラシHF 平筆NO.02)190円

・洗剤(花王 マジックリン)238円

・パレット用紙コップ(百円均一ショップ)110円

・塗料(クレオス 水性ホビーカラー シルバー)150円

・塗料(クレオス 水性ホビーカラー ゴールド)150円

・塗料(クレオス 水性ホビーカラー 黒鉄色)150円

・塗料(クレオス 水性ホビーカラー メタリックレッド)150円

・塗料(クレオス 水性ホビーカラー メタリックグリーン)150円

・塗料(クレオス 水性ホビーカラー クリアイエロー)150円

黄色は調色します。

このキットの足りない部分は、まず肢体の各部にある黄色い部分です。この黄色の部分は、エアブラシで塗った「成形色が黄色のパーツ」と同じ色という設定です。成形色が黄色のパーツは下地が黒サフの「パールゴールド」で塗っているため、この色合いに近い色を塗りたいと思いました。

部分塗装には水性ホビーカラーを使っています。パールゴールドに近い色を調色するために、ベースとなるのがやはり「ゴールド」です。このゴールドは、黒サフ下地のパールゴールドと比べ、少し鮮やかな感じがしました。なので鮮やかさを抑えるために、シルバーを混ぜました。さらに黄色を強くするためクリアイエローも少しまぜました。

ゴールド + シルバー + クリアイエロー

・シールドの黄色

SDレギルス部分塗装シールド

 

・前腕の黄色

HGレギルス部分塗装腕部

 

・腰の黄色と脚部の黄色

SDレギルス部分塗装脚部

残りの黒とか

さらに色の足りない部分は羽の裏側などの黒い部分です。これは全て黒鉄色を塗りました。黒い部分は、なかなかの広さでした。こういうときは筆塗りよりもエアブラシを使いたいものです。

さらに足りない部分として額の赤い部分は、メタリックレッドを使い、銃口はメタリックグリーンを使いました。

・頭部バルカンの黒と額の赤

SDレギルス部分塗装頭部

 

・羽の裏の黒

SDレギルス部分塗装羽

 

・尾の部分の黒

SDレギルス部分塗装尾

 

・レギルスライフルの銃口とセンサー部の緑

SDレギルス部分塗装銃

 

トップコートします。

この工程でかかった時間 14分54秒

この工程で0からそろえた場合のお金 1327円

使った道具

・トップコートに使うもの 小計1327円

・水性トップコート(クレオス 水性プレミアムトップコート 光沢)528円

・持ち手(スジボリ堂 塗装の持ち手スモール 20本)799円

・竹籤(100均)110円 →エアブラシ準備と同じものなので0円

・両面テープ(100均)110円 →エアブラシ準備と同じものなので0円

・持ち手用の台(コーチョー ワンニャンつめみがきコア 3個)1224円 →エアブラシ準備と同じものなので0円

・保管用段ボール箱 無料

パール塗装はトップコートが必要か?

パール塗装をしてみて、思ったよりキラキラ感がなかった点については、過去に触れました。光沢トップコートを吹いて見て明らかに変化が見られました。トップコートの性能の良さもありますが、塗る前と塗る後でのピアピカ感がかなり違いました。パール塗装はトップコートではなく、きちんと光沢クリアーを上から吹かないといけないのではと感じました。今後の要検証です。

 

次回はまとめの完成編です。

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。