ガンプラ ジミチにやってます
  1. 鉄血
  2. 無塗装
  3. 初心者
  4. 時間
  5. お金

【パステルシャドウで仕上げる】全塗装なし鉄血HGバルバトス2素組み編

今回は素組みまで

ご来訪ありがとうございます。

ガンプラ・鉄血のオルフェンズ・HGIBOガンダムバルバトスをパステルシャドウで仕上げます。

前回、完成までの工程をざっくり9つに分けました。今回はこの中で1から3をお話します。

ここでいう素組みというのは、説明書通り組み立てただけという意味で使っております。

1.全パーツをランナーからカット        ←これ

2.ゲート処理・パーティングライン等ヤスリがけ ←これ

3.素組み                   ←これ

4.スミ入れ・部分塗装

5.モールド等の彫り直し・リカバリー

6.デカール

7.ドライブラシ

8.パステルシャドウ

9.完成

今回かかった時間・お金

今回かかった時間 総時間 4時間13分44秒

ヤスリがけに、かなりの時間がかかっています。

0からそろえた場合にかかるお金 総額4564円

ヤスリをいっぱい買いましたので、このような結果に。

 

かかった時間・かかるお金の趣旨についてはこちら

関連記事

ご来訪ありがとうございます。 このブログでは製作したときの、「かかった時間」「かかるお金」「使った道具」を書いております。 ここではその趣旨を、お話しします。   […]

ファビコン

全パーツをランナーからカット

この工程でかかった時間 48分48秒

この工程でかかったお金 2428円

 内訳

 ・キット (HGガンダムバルバトス)880円

 ・ニッパー (バンダイスピリッツ ビルドアップニッパー)1548円

 ※ これは定価ではなく、私が実際に買ったときの値段になります。

ランナーからパーツを切り離すときは、「2度切り」をしています。

 

2度切りというのは、ランナーからパーツを切る時に2回に分けて切ることで、

1回目はパーツから少し離れたところを切って、

2回目にパーツに近いところを切る工程です。

2度切り前

 

2度切り後

 

この2度切りをすることでゲートの白化を防ぎます。

白化とはパーツを切った跡が白くなることをいいます。

ですが、2度切りしても白化するときはします。

ニッパーの性能にもよるかもです。

 

では、やっていきましょう。

まずは当たり前ですが、箱を空けて、中身を全部出します。

袋からランナーを取り出し、取扱説明書で全部そろっているか確認します。

HGですと、このくらいの量になります。

 

そして、ニッパーで部品を切っていきます。今回は全てのパーツを、最初に切っていきました。

私は鉄血シリーズのガンダムフレームは、何回か経験がありますので、この方法をとりました。

 

しかし、初めての方は、この方法はやめた方がいいと思います。

説明書の順に

1 パーツを切る → ヤスリをかける → 組み立てる

2 パーツを切る → ヤスリをかける → 組み立てる  ・・・くりかえし

というようにしていきましょう。

 

パーツを切りました。

ゲート処理・パーティングライン等ヤスリがけ

この工程でかかった時間 2時間51分43秒

おそろしく時間がかかっています。

これについての理由は、ちょい下で書いております。

 

ゲート処理というのは、ニッパーで切りきれなかったパーツの余分な部分をきれいにすることです。

パーティングラインというのは、パーツの下の画像のようなところです。

今回のHGガンダムバルバトスで気になったのは、このふくらはぎのパーツと、

肩のパーツです。

この工程でかかったお金 2136円

 内訳

 ・デザインナイフ (オルファ アートナイフ) 331円

 ・ヤスリ600番 (WAVE ヤスリスティックSOFT2 細型600 10枚入り) 422円

 ・ヤスリ800番 (WAVE ヤスリスティックSOFT2 細型800 10枚入り) 461円

 ・ヤスリ1000番 (WAVE ヤスリスティックSOFT2 細型1000 10枚入り) 461円

 ・ヤスリ仕上げ用 (WAVE ヤスリスティック フィニッシュ 細型 10枚入り) 461円

ヤスリは番手と呼ばれる数値があって、

小さい数ほどガシガシ削れて、大きい数ほど細かいヤスリになります。

 

こんなにヤスリっているんでしょうか。

私は別キットで、鏡面仕上げをめざしているものがあります。そのせいか、ピカピカまでみがくことが、けっこう好きです。ピカピカをめざしますと、番手の大きいヤスリまでなるべく順番に必要になってきます。

その分、時間もすごくかかります。ようはピカピカまでみがこうとすると、時間もモノも必要ということです。

 

正直そこまでしないなら、今回のような無塗装でも、デザインナイフのみの処理でいいのではないかとも思います。

素組み

この工程でかかった時間 33分13秒

この工程でかかったお金 0円

ヤスリ作業が終わりますと、説明書を見ながら組み立てます。

組み上がりがこちらです。

素組みで十分じゃね、って思います。

とにかくカッケェです。

 

素組みのレビューにつきましては、素晴らしいサイトがございますので、そちらをご覧下さい。

いつも拝見しております。ありがとうございます。

外部リンク

・ガンプラの山を崩せ

 

・ガンプラブログはじめました

ガンダムブログはじめました

HG ガンダムバルバトスは、『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』に登場する主人公機『ガンダムバルバトス』の1/144ス…

 

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。