ガンプラ ジミチにやってます
  1. 鉄血
  2. 無塗装
  3. 初心者
  4. 時間
  5. お金

【灰色でRGっぽく】鉄血HGガンダムバルバトスルプス3 部分塗装・ドライブラシ編

今回は部分塗装とドライブラシのお話です。

ご来訪ありがとうございます。

今回は外装各部の部分塗装と、ガンダムフレーム・武器のドライブラシのお話です。

部分塗装で用いた塗料は、今回はアクリジョンにしました。成形色である白色の外装に、所々明灰白色を着色することで情報量を増やし、リアルグレードっぽくしております。

ドライブラシにつきましては、ガンダムフレームに施してやると、お手軽にフレームっぽくなりますので、簡単に済ますのであればかなりおススメです。

 

ガンプラHGIBOガンダムバルバトスルプスは、全行程を14に分けて説明しております。

今回はその8・9のお話です。

1.全パーツをランナーからカット

2.ゲート等ヤスリがけ

3.パーティングライン消し・モールドの彫り直し

4.メタルパーツの穴開け

5.仮組み

6.合わせ目消し・後ハメ加工

7.腰部延長パーツ作製・接着

8.部分塗装           ← 今回

9.ドライブラシ         ← 今回

10.スミ入れ・はみ出し処理

11.デカールはり

12.つや消しトップコート

13.パステルシャドウ・つや消しトップコート

14.メタルパーツ接着

15.完成

 

腰部延長・後ハメ加工についてはこちら

関連記事

今回は腰部延長までのお話です。 ご来訪ありがとうございます。 今回は、パーツの下処理や、合わせ目処理のための後ハメ加工、腰部延長パーツの作製等をお話しします。   ガンプラ・鉄血のオルフェンズHGIBOガンダム[…]

HGバルバトスルプス2後ハメ腰部延長アイキャッチ

 

今回かかった時間・お金・道具

かかった時間・お金の趣旨についてはこちら

「リンク」

関連記事

ご来訪ありがとうございます。 このブログでは製作したときの、「かかった時間」「かかるお金」「使った道具」を書いております。 ここではその趣旨を、お話しします。   […]

ファビコン

 

今回の記事での総制作時間 5時間24分48秒

今回の記事の工程で道具を0からそろえた場合にかかるお金 1442円

今回の工程で実際に買ったものの総額 896円

 

使った道具(赤マーカーは今回買ったものです。)

部分塗装に使ったもの 小計 896円

・筆(タミヤ モデリングブラシHF 平筆NO.2)264円

・すすぎ用ペットボトルの底 ?円

・塗料(クレオス アクリジョン インディブルー)158円

・塗料(クレオス アクリジョン モンザレッド)158円

・塗料(クレオス アクリジョン 黒鉄色)158円

・塗料(クレオス アクリジョン 明灰白色)158円

 

ドライブラシに使ったもの 小計546円

・銀のマジック(アサヒペンカラーパレット水性マーカー シルバー)286円

・その筆(クレオスMr.ブラシ 平筆6号)520円

・キッチンペーパー 1枚 ?円(いつも台所から拝借しております。)

 

アクリジョンで部分塗装します。

この工程でかかった時間 3時間45分29秒

部分塗装する箇所は、それほど多くはないです。ですが、かなりの時間がかかっております。これは、私自身が筆塗りに慣れていないことと、アクリジョンに関しての知識によるものかと思います。。実は、最近は水性ホビーカラーを使っており、このアクリジョンは全く使わなくなってしまいました。決してアクリジョンを否定しようとするものではございません。塗料の特性をよく理解しないまま使うと、よくないということをお話したいのです。

アクリジョンの特性として、水で薄められるというものと、乾燥が早いというものが挙げられます。この特性を生かすために、筆には塗料を多めに含ませて、やや早く一方向に筆を動かし、発色が弱い箇所は乾いてから、多少希釈した塗料で2度塗りをする、らしいです。

 

参考:youtube チャンネル:せなすけSenasuke

「【ガンプラ筆塗り】コスパ最強塗料『アクリジョン』徹底解説&㊙修正テクニック【クレオス:アクリジョンベース&アクリジョン】」

 

このことをよく分かっておらず、ボテボテと筆を動かしたり、半乾きのところへ2度塗りする等の間違いをやらかした結果、ムラだらけになってしまいました。

 

明灰白色を入れ、リアルグレードっぽくします。

インディブルー・モンザレッド・黒鉄色は、成形色に足りない色です。ですが、明灰白色は成形色に足す色になります。何のために足すのかと言いますと、情報量を増やすためというのと、合わせ目を少しでも目立たなくするためです。

合わせ目消しの記事で、合わせ目がきちんと消えていないということを説明しました。前腕のパーツがそうなのですが、パーツの成形色は白色です、その合わせ目の部分に半透明の白色部分が残ってしまったのです。おそらく全塗装すれば、見えなくなるのでしょうが、無塗装ではまぁまぁ目立ちます。それ以上に、ここまで加工しておいてこの結果というのが悔しかったのです。そうして思いついたのが、合わせ目の上から塗料を塗れば目立たなくなるのではという発想でした。更に、前腕以外の場所にも適当にモールドを入れて、灰色を入れていこうと決心した次第です。

前腕の外装パーツ

HGルプス前腕部分塗装後

 

脚部の外装パーツ

HGルプス脚部外装部分塗装後

 

途中のムラだらけの状態を見て、失敗したと思っておりました。

これは、つや消しトップコートが解決してくれることになります。また別の回でお話します。

 

ガンダムフレームにドライブラシをします。

この工程でかかった時間 1時間19分55秒

黒系には銀色でドライブラシ。これです。

ガンダムフレームに銀でドライブラシをするだけで、見た目が見違えます。更にこの工程は初心者にも優しく、比較的に低価格・短時間で仕上げることができます。

 

やり方の手順としましては、次の通りです。

1.筆に銀色をつける。

2.筆についた銀色をキッチンペーパーでふき取る。

ふき取る目安としては、筆をキッチンパーパーにつけても着色できないくらいです。

3.パーツの角(エッジの部分)に筆を擦りつけるようにあてる。

このときの着色具合で、2のふき取り方を調整します。

 

ドライブラシ後のガンダムフレーム

HGルプスフレームドライブラシ後

 

詳しくはこちらをどうぞ。tanizou様のサイトです。いつもお世話になっております。ありがとうございます。

・外部リンク

『初心者でもできる!ヤフオクで売れるガンプラ製作レビュー』「ドライブラシのやり方」

ドライブラシのやり方

 

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。