ガンプラ ジミチにやってます
  1. 鉄血
  2. 無塗装
  3. 初心者
  4. 時間
  5. お金

【パステルシャドウで仕上げる】鉄血HGバルバトスルプス その4デカール編

今回はデカールを貼るところのお話です。

ご来訪ありがとうございます。

今回はデカールについてです。どの部分にどのデカールを貼ったのか、詳しく説明します。また、デカールについてはやらかしてしまったことがあります。それは後ほどお話しします。

ガンプラ・鉄血のオルフェンズ・HGIBOガンダムバルバトスルプスは、全行程を14に分けて説明しております。

今回はその10から12までのお話です。

工程 工程 記事
全工程をざっくりと 記事1
1 全パーツをランナーからカット 記事2
2 ゲート等ヤスリがけ 記事2
3 パーティングライン消し

モールドの彫り直し

記事2
4 メタルパーツの穴開け 記事2
5 仮組み 記事2
6 合わせ目消し・後ハメ加工 記事2
7 腰部延長パーツ作製・接着 記事2
8 部分塗装 記事3
9 ドライブラシ 記事3
10 スミ入れ・はみ出し処理 今回
11 デカールはり 今回
12 つや消しトップコート
13 パステルシャドウ・

つや消しトップコート

14 メタルパーツ接着

 

今回かかった時間・お金・道具

かかった時間・お金の趣旨についてはこちら

関連記事

ご来訪ありがとうございます。 このブログでは製作したときの、「かかった時間」「かかるお金」「使った道具」を書いております。 ここではその趣旨を、お話しします。   […]

ファビコン

 

今回の10・11の工程でかかった時間 5時間32分21秒

今回の10・11の工程で0からそろえた場合の総額 5422円

今回の工程で実際に買ったものの総額 0円

使った道具

スミ入れに使うもの 小計675円

・エナメル黒(タミヤ メイクアップ材シリーズ スミ入れ塗料ブラック)325円

・エナメル溶剤(タミヤカラー エナメル X-20 溶剤大びん)165円

・綿棒(タミヤ メイクアップ材シリーズ クラフト綿棒 三角・XSサイズ 50本)185円

 

デカールをはる時に使うもの 小計4747円

・マークセッター(クレオス Mr.マークセッター デカール軟化剤)185円

・ピンセット(タミヤ クラフトツールシリーズ No.52 デカールピンセット)1400円

・スキージー(ハイキューパーツ デカールスキージー)1050円

・デカール(ホビージャパン モデラーズデカール ライン01ミラーシルバー)1210円

・デカール(MKYデザイン1/144ラインデカールNo.4「with コーション」レッド)550円

・ガンダムデカール(バンダイスピリッツ 鉄血のオルフェンズ汎用1)352円

 

スミ入れします。

この工程でかかった時間 2時間11分28秒

スミ入れを円滑にするために。

今回のスミ入れは、時間こそかかっていますが、これまでに比べると大変スムーズに感じました。これは、全て事前にモールドの彫り直しを行っているかどうかにかかっていると言えます。部分塗装を行った箇所も、再度塗膜の上から彫り直しを行っています。そうすることで、失敗によるリカバリーという事態を防ぐことができます。ガンダムバルバトスの時に失敗したことが生きています。

ラインテープ大活躍。

この度のガンダムバルバトスルプスは、新しいモールドも適当に増やしております。この時、活躍するのがラインテープです。このラインテープがあるなしで彫りやすさが全然変わってきます。ガイドがあるなしで彫りやすさが変わるのは、当たり前と言えば当たり前ですが、私はこのラインテープをはるという手間をおしんで、幾度となく失敗しております。

 

デカールを貼ります。

この工程でかかった時間 3時間20分53秒

デカールの貼り方

今回のデカールの貼り方としましては、コーションデカールは左右対称に、ラインデカールと文字デカール、鉄火団マークは左右非対称にしました。

また、パステルシャドウで仕上げる場合は、必ずパステルシャドウの前にデカールを貼ります。これはデカールにパステルがのるかのらないかの違いになるからです。デカールにパステルがのらないと、パーツのパステルののっている部分との差ができ、浮いて見えてしまいます。

今回はった箇所

機体の右側です。

・肩部は、前から後ろまでぐるりとラインデカールをはり、天頂部分に鉄華団マーク。

・胸部は右側のみラインデカール、中央に鉄華団マーク。

・前腕の関節に近い部分にコーションデカール。

・腰部のアーマーにラインデカールとコーションデカール。

・腰部スラスターの接続部あたりにコーションデカール

・すねのあたりに縦にラインデカールを。

・足首のアーマーの先に、コーションデカール。

HGルプスデカール右上から HGルプスデカール上から HGルプス右中らへん

 

機体の左側です。

・肩部は前面に鉄華団マーク、側面に縦書き漢字鉄華団を。

・右と同じく、の前腕の関節に近い部分にコーションデカール。

・腰部のアーマーにコーションデカール。

・腰部スラスターの接続部あたりにコーションデカール、中央あたりにナンバーデカール。

・右と同じく足首のアーマーの先に、コーションデカール。

HGルプスデカール左上から HGルプスデカール左中らへん HGルプスデカール左から

 

機体の背面です。

・バックパック中央に鉄華団マーク、横にコーションデカール。

・背面のスカート部の向かって左側に縦書き漢字鉄華団、鉄華団まーく、向かって右側上にラインデカール・

・大腿部にコーションデカール。

HGルプスデカール背面

 

どこにどんなデカールを貼るかを決めるには。

まずは、色々なサイトをめぐって参考にしています。特によく見ているのは、ロボット魂です。ロボット魂というのは、バンダイが発売している超合金のブランド名です。

参考:『魂ウェブ』「METAL ROBOT魂<SIDE MS> ガンダムバルバトスルプス」 閲覧日2021年10月13日

https://tamashii.jp/item/13572/

サイトを見て、具体的に機体のどこにどんなデカールが貼ってあるかを細かく見ます。このままマネをするのも良いでしょうし、そこから発想を得て違うことをするのもいいかと。

また、キット全体を見て、白く広い部分を探します。いわゆる情報量が少ないところです。そこに何らかのデカールを施してやります。

今回やらかしてしまったこと

デカールについてとんでもないことをやらかしてしまいました。

今回用いたアシタのデカールなのですが、なんと透明の「のり」の部分をはがすことができたのです。そのことを知らずに、そのままトップコートを吹いてしまいました。

トップコートの性能のおかげで何とかなっております。道具はきちんと使わないといけませんね。

 

デカール後、パステル前の画像です。

HGルプスデカール後斜め

HGルプスデカール後ポーズ1

HGルプスデカール後ポーズ2

 

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。